トップ  >  Q&A  >  労働保険・社会保険に関するQ&A  >  社会保険  >  Q7.どのような人が・・・

Q7.どのような人が健康保険の被扶養者になれますか?

A.被扶養者の該当基準

被保険者により生計維持されている事が条件となります。

生計維持とは、被保険者の収入で生計を維持している状態をいい、被扶養者の年収が

130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の年収の半分未満の場合、該当します。これを目安に、様々なケースにより認定が行われます。

?被保険者と同居でも別居でもよい人

配偶者(内縁でもよい)、子、孫、弟妹、父母・祖父母などの直系尊属

?被保険者と同居していることが条件の人

兄姉・伯叔父母・甥姪などとその配偶者、子・孫・弟妹の配偶者、配偶者の父母や連れ子など、上記?以外の3親等以内の親族・内縁の配偶者の父母、連れ子・内縁の配偶者死亡後の父母、連れ子


ページの先頭へ