トップ  >  Q&A  >  年金に関するQ&A  >  Q3.妻が年金を受・・・

Q3.妻が年金を受け取るようになると私(夫)の厚生年金が減るというのは本当でしょうか?しかも、私の年金が減る金額より妻が受け取れるようになる年金額のほうが少ないということで、妻は年金の請求を遅らせると言っていますが?

A.ご主人の受給されている厚生年金に『加給年金』が加算されていると思われます。『加給年金』は、65歳未満の配偶者や18歳未満(18歳到達年度の末日まで)の子、1級、2級の障害の状態にある20歳未満の子がいる場合に、本来の年金額に上乗せして支給される年金で『おまけの年金』とも言われています。
この『おまけ』はそれぞれの年齢になった場合の他に、次の事由が生じると支給が停まります。
?配偶者が20年(中高齢の特例があり生年月日により15年〜19年)以上の老齢厚生(退職共済)年金を受け取ることが出来るようになったとき
?配偶者が障害年金を受けられるようになったとき
?加給年金の対象者が死亡したり、離婚した場合
奥様の年金の請求が遅れると、遅れた期間分のご主人の『加給年金』を返すことになります。従って奥様の年金請求手続きはなるべく早く済ませていただくようにお勧めいたします。

ページの先頭へ