トップ  >  総合労働相談所

総合労働相談所

 総合労働相談所

 
 昨今の社会情勢を反映し、現在、個別労働紛争が増加する傾向にあります。
 このような状況の中で、長野県社会保険労務士会では総合労働相談所を設置し、労働者・使用者の双方より、解雇、賃金、セクハラ、人事・配置転換、労働契約及び労働時間等の個別労働紛争について無料で相談に応じ、適切なアドバイスを行い、相談者から好評をいただいております。
 相談を受けるのは実務経験豊富な社会保険労務士であり、もちろん、相談内容などについての秘密は守られます。
 また、長野県社会保険労務士会では、個別労働紛争を解決に導くための機関として、「社労士会労働紛争解決センター長野」も設置しておりますので、利用をご検討ください。
 
 【 相談内容の例は以下のとおりです
  
 〇 労働者側から
・会社から、納得のできない理由で退職を迫られた。
・上司から、繰り返し叱責を受けて、精神的に参っている。
・残業代を払ってくれない。会社に請求したら嫌がらせを受けた。
・定年後の再雇用に際し、賃金が半分以下に減額された。
・同僚から繰り返しセクハラを受けている。上司に相談しても何もしてくれない。

 

 ○ 使用者側から

・部下の新人職員に対する指導が厳しすぎる。注意しても態度が改まらない。
・業況悪化に伴い、社員に対し賃金の引き下げを要請するが、話し合いの席についてくれない。
・社員間の仲が悪く、職場の雰囲気がドンヨリしている。改善策はないか。
・社員が、インターネット上で会社の悪口を言っているらしい。
・社員が、就業時間中に私的な目的でパソコンを利用している。

 

       総合労働相談所(事務局)
          受付 ☎026−267−6200 (平日9:00~17:00)
   
 こちらの番号にお電話いただければ、担当相談員(社会保険労務士)にお取次ぎいたします。(担当相談員は事務局に常駐しておりませんので、お取次ぎには多少お時間をいただく場合もございます。また、内容によっては相談をお受けできない場合もございます。あらかじめご了承ください)
 

社労士会労働紛争解決センター長野へリンク   お近くの社会保険労務士へリンク

※ 担当相談員が労働相談で対応しますのは、電話での相談・アドバイスまでです。その後の手続き等の仕事を社会保険労務士に依頼していただくためには新たに、担当した相談員以外の社会保険労務士と仕事の契約をしていただく必要があります。

サイト内検索

長野県社会保険労務士会は、企業経営に欠かせない「ヒト」に関するコンサルティングを通じて企業の健全な発展をお手伝いします。


ページの先頭へ