トップ  >  長野県社会保険労務士会  >  会長挨拶

会長挨拶

会長

 長野県社会保険労務士会のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 私たち社会保険労務士は、皆様から親しみを込めて「社労士」と呼んでいただいております。私たち社労士は、企業の中でも経営上の三大要素といわれる「人・物・金」の中の、一番重要な「人」に関するエキスパートとして活躍させていただいております。
 最近何かと話題となっております「働き方改革」。企業経営者の方にとっては、言葉は聞くけれど、何をすればよいかわからない、法律の意味が分からない。国から助成金のような援助もあると聞くが、手続き等が分らない。また、働いている従業員の方にとっては、労働時間が短くなるのか、働きやすくなるのか、何がどう変わるのか分からないなど、疑問に思っている方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
 私たち社労士は、働き方関連法に沿った内容で、経営者と従業員の間に立ち、双方にとってより良い職場環境になるようトータルサポートする「働き方改革」を提案し、一つひとつの企業に寄り添い、企業の成長・発展をバックアップいたします。また、「人を大切にする」をモットーに、1人ひとりの心を大切にする職場、安心して働ける職場作りのお手伝いをいたします。
 働き方改革にかかるご相談のほか、社労士は「就業規則」「36協定届」「各種労働・社会保険関連」の申請書等の作成及び提出、手続きなどの代行業務をさせていただいております。また、職場での様々なトラブルに対する円滑な解決や未然防止につながるアドバイスもいたします。ほかにも「老齢年金」「障害年金」「遺族年金」などの年金に係る申請書類の作成、手続きに関するご相談にも応じています。
 長野県社会保険労務士会には、現在640名ほどの会員がおります。経営者の皆様にとっては「求人・採用から退職まで」、働く皆様には「出産、育児、介護、医療から年金まで」と、きめ細かいサービスをご提供させていただきます。是非、身近な頼れるパートナーとしてご活用ください。
 今後とも、皆様から一層の信頼をいただける社会保険労務士を目指し、社会への更なる貢献ができますよう日々研鑽してまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


長野県社会保険労務士会
会長 北村 修一

サイト内検索

長野県社会保険労務士会は、企業経営に欠かせない「ヒト」に関するコンサルティングを通じて企業の健全な発展をお手伝いします。


ページの先頭へ