トップ  >  社会保険労務士の仕事  >  社会保険労務士とは

社会保険労務士とは

事業の健全な発展と労働者等の福祉の向上を図ります。
    社会保険労務士は、事業主や労働者の要望に応え、労働社会保険関係の法令やその取り扱いに精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する相談・指導を行う専門家です。
    この制度は昭和43年6月3日に法律第89号により、労働社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発展と労働者等の福祉の向上を目的とする社会保険労務士法として定められました。
    当時の社会保険労務士法案の趣旨説明によると、「社会経済の進展に伴い、労働社会保険関係の法規はその重要度を増すとともに、その内容も次第に複雑かつ専門的なものとなりつつあります。一方、今後の経済成長と労働力不足傾向を考えますと、労務問題の重要性は将来ますます高まり、特に中小企業における労務管理の近代化が切実な問題となってくると思われます。このため、これら労働社会保険関係の法規に通暁し、適切な労務指導を行い得るような専門家が多く生まれることはきわめて望ましいこと」とされております。
    社会保険労務士は、このように法制定当時から今日まで、一貫して労働社会保険諸法令の専門家としての期待を担っており、また、司法の分野における活躍を期待されていることから、その役割は今後さらに一層高まっていくものと思われます。

事業主と従業員の労働・社会保険に関わる権利を擁護します。
    社会保険労務士とは社会保険労務士法に基づき、毎年一度、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格(かつ、2年以上の実務経験が必要)し、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者を言います。
   社会保険労務士は開業・勤務等及び社会保険労務士法人の社員に区分されます。
   平成20年12月1日現在、長野県内の社会保険労務士の登録者数は604人おり、内訳は開業社会保険労務士が383人、勤務等社会保険労務士が211人、社会保険労務士法人の社員が約10人います。また、昨今開業する社会保険労務士は若年層や女性が増えていることも大きな特徴となっています。

社会保険労務士が取り扱う法律一覧


ページの先頭へ